長崎・諫早の住宅建材なら株式会社サンエス商工 パワーボード・太陽光発電システム、遮音、遮熱性のご相談はお任せ下さい。サンエス商工オフィシャルサイト

ネオマフォーム ― 断熱を、きちんと考えるならネオマフォーム ―

  • HOME »
  • ネオマフォーム ― 断熱を、きちんと考えるならネオマフォーム ―

ネオマフォームの4つの基本性能

高い断熱性

ネオマフォームは、世界最高レベルの断熱性能。薄くても高いレベルの断熱性を発揮!
数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。ネオマフォームは世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。

index_gr002

安全性

neoma01

素材は熱に強く燃えにくフェノール樹脂を使用。火に当たっても炭化し、燃焼時の発生ガスも少ない。
「フェノール樹脂」とは、熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて人工的に合成されたプラスチック。多くのプラスチックが、熱を受けると溶けるのに対してフェノール樹脂は熱に強く、熱で硬化する特徴があります!

長期断熱性能

長期にわたって高い断熱性能を維持するネオマフォーム!旭化成独自の技術の成果です!
発泡プラスチック系断熱材は、断熱性能の経年劣化が想定されるため、(財)建築環境・省エネルギー機構 『住宅の省エネルギー基準の解説(第3版)』において、断熱材の経年劣化を加味した熱抵抗補正係数が明記されています。
その数値に基づき、断熱材の製造初期と経年劣化後の熱抵抗値の比較をグラフにすると、以下のようになります。

ability_ex003

環境性能

ノンフロン発砲!リサイクルに取り組んでいます!
熱硬化性樹脂であるフェノール樹脂のリサイクルは難しいとされていましたが、旭化成では独自の技術による、マテリアルリサイクルを実施しています。また、2009年には広域認定(大臣認定160号)も取得しました。
environment_tx002

室温と体感温度は違う

暖房によって同じ室温の場合でも、断熱性にすぐれた家の方がより暖かく感じ、より快適に過ごすことができます。【家の中で体に感じる温度=体感温度】は、室温と、窓や壁、床などの表面温度の平均に近いといわれています。断熱性の低い住宅では、家の内側の表面温度が低くなり、体感温度が室温よりも低く感じられてしまいます。

shitsuon

寒さは体に負担を与える

samusa寒さと健康の関係を表すデータを表しています。

グラフAは、【過去50年間の死亡者数の月別割合】を表すものですが、常に夏季よりも冬季の死亡者数の割合が高くなっています。

グラフBは、【家庭内で発症する急病に関するデータ】です。外気温が低下するにしたがって、救急病院への搬送数が増加する傾向が見られます。寒さにはリスクが伴います。なので断熱をしっかりして外気温の影響、家の中の温度差を小さくすることが大切です。

samusa2

家の中の温度差は”危険”

人は、暖かいところから急に温度の低いところに行くと、血管が収縮し血圧が上昇します。高血圧の人や高齢者にとっては体への負担がとても大きく、脳卒中や心筋梗塞の誘引となってしまいます。これがいわゆる“ヒートショック”です。断熱レベルが低い家では、冬の早朝や夜間、トイレや浴室などが冷え切っており、暖かい部屋から急に移動したときに、ヒートショックが起こる危険が高まります。

ienonaka

旭化成建材株式会社 ネオマフォーム公式サイトはコチラ

お気軽にお問い合わせください。 TEL (0957)25-1671 〒 854-0063 長崎県諫早市貝津町1426-1
FAX:(0957)25-1522

PAGETOP
Copyright © 株式会社サンエス商工 All Rights Reserved.